面とり調査とは

面とり調査とは

探偵は実際に調査をする前に、面とり調査というものを実施することがあります。面とり調査とは、ターゲットになる人物の顔を実際に見て確認をするという調査方法のことを言います。

 

 

 

通常クライアントとの打ち合わせの時に、ターゲットの人物に関する情報や写真を入手しているはずです。しかし実際に見た印象と写真の印象が違うということもあります。最近では、ケータイやプリクラの写真などが持ち込まれることもあります。すると、撮り方によっては、見た目の印象が全く別人ということも起こりうるわけです。
 

 

また中には、数年前の写真が持ち込まれることもあります。すると髪型や老け方といったところで全く実物と違うということも起こりうるのです。
ターゲットになる人物をうまく把握することができなければ、調査をスムーズに進行することも難しくなってしまいます。

 

 

 

ですから、まずはターゲットの顔を確認をして、どのように調査をするかということを決めておく必要があるわけです。