調停離婚とは

調停離婚とは

離婚の種類の中には、当事者間で問題をクリアすることができずに、第3者に入ってもらって、離婚の交渉を進めることもあります。その中の一つに、調停離婚という手法があります。

 

 

 

調停離婚とは、家庭裁判所に離婚調停の申し立てを行うことを言います。一方が離婚に同意をしない場合に行われる手法です。

 

 

 

ただし調停についてですが、裁判所における判決のような拘束力は有していません。もし裁判所がお互いの言い分を聞いて、離婚をすべきと判断をしたとします。

 

 

 

この時、お互いに離婚に向けて前向きに話し合うべきということを勧告することはできても、強引に離婚成立させるだけの力は有していません。

 

 

 

その場合には、裁判離婚によって決着をつけることになります。