探偵の差別調査

探偵の差別調査

探偵の請け負う業務の中には、いろいろな業務が含まれます。探偵の請け負う業務の中の一つに、差別調査というものがあります。

 

 

 

文字通り、不当な差別を受けていないかどうかについての調査を実施することを言います。

 

 

 

特に現在でも多いとされているのが、部落差別です。江戸時代にまでさかのぼりますが、身分的に卑しいとされている人々の住んでいた地区の出身者に対して、差別がおこなわれることもあります。

 

 

 

差別調査では、同和地区といいますが、同和地区を理由として、採用を断られたとか、もしくは結婚を約束した相手がいても、同和地区が理由で結婚が破たんをしてしまったことがないかどうかについて、調査が実施されます。

 

探偵 東京なら総合探偵社 密会バスターズ

 

もしあれば、不当な差別に当たりますので、地位の回復を求めることができます。